milk.jpg

「牛乳を飲むと骨が丈夫になる」と言われてますが、最近ではそんな定説とは真逆の意見が多く出てきています

 

スウェーデンのウプサラ大学で教授を務めるKarl Michaëlsson氏を含む研究チームは「牛乳をたくさん飲む人ほど寿命が短く、女性に至っては骨折率まで上昇する」という驚きの研究結果を明らかにして話題になっています

 

Karl教授率いるウプサラ大学の研究チームでは10万人を超えるスウェーデン人を対象に牛乳の摂取量と死亡率や骨折頻度の関係性を調査しています

 

研究では、1987年~1990年の時点で39歳から74歳までのスウェーデン人女性6万1433人と、1997年時点で45歳から79歳までのスウェーデン人男性4万5339人を対象に、「どのような食べ物をどれくらいの頻度で食べているか?」というアンケートを基に、長い期間追跡調査を続けたそうです

 

具体的には、女性の被験者は約20年間、男性の被験者は約11年間も追跡調査を行われたそうで、

調査期間の間に女性は1万5541人死亡し、1万7252人が骨折、4259人が股関節を骨折しました

男性の被験者は、約11年の調査期間中に1万112人が死亡、5066人が骨折、1166人が股関節を骨折したそうです

 

これらの調査結果から、牛乳の消費量と死亡率や骨折頻度の間には因果関係がある事が明らかになっていて、女性の場合、1日に3杯以上牛乳を飲む人は、1日1杯以下しか牛乳を飲まない人と比べてなんと1.93倍の死亡率であった事も明らかとなっていて、股関節を骨折する確率は60%高く、骨折全般で見ても15%も割合が高くなる事が判明しました

 

調査結果で牛乳を多く摂取する女性被験者の「死亡率」が高くなった点については、牛乳に多く含まれる「D-ガラクトース」が影響しているのではないかと言われていて、D-ガラクトースは動物実験にて老化を促進させて寿命を縮めると言われています

 

昔は牛乳は健康の代名詞だったのに、給食でも牛乳を減らす動きがあるみたいです

なんか八王子にあるファミリーマートが全品半額セールをやっていたんで、一体なぜ全品半額セールをやっているのでしょうか!?

どうやらこのファミリーマート八王子旭町店を担当するスーパーバイザー(SV)が、不祥事を起こし、ファミリーマート側がこの事実を世間には公表していなく、それをこのファミリーマート八王子旭町店が多摩甲信地区店長集会で追求した事で、その集会から退場させられ、その後この件で連絡は一切無いまま月日が過ぎ、その後加盟店の契約解除が執行されたという事みたいですね。

今回の不正の証拠である伝票を持っている稲城長峰店の店長は、出店に1500万円を支払っていて、店内外の物品の所有権のほとんどは、この店長の物だというが、明け渡しの作業が終えた後に、3000万円の請求が本部から届いたというんで、今後裁判にでもなるんでしょうか??

今回契約解除された店舗は稲城長峰店だけでなく、八王子旭町店、町田成瀬街道店、稲城向陽台店も該当します。

今回半額セールを行った八王子旭町店も同様に出禁を食らっているとブログに書いていて、ネットでは話題になっています。

ブログでは店長が、「状況としましては、笑うか死んでやるかなのだと思います」と書いている事から、犯罪を告発した店長が本部から借金背負わされて、追い込まれるのはおかしいと思います!


4098.jpg

我が家の姉妹のお話、

友人からお菓子をもらいました。

とてもおいしく食べていましたが、ついに最後の1つになりました。

一応、他のお菓子と一緒に娘たちにおやつとして出したのですが、姉妹が最後のひとつに手を伸ばしてしまい、姉妹で顔を見合わせてしまいました。

いつもは、元気いっぱい我儘いっぱいだけど、お姉ちゃんが妹にそのお菓子をあげました。

旦那は、最初気付かなかったようですが、妹が旦那のところに言って、

「これ、お姉ちゃんにもらった。」

と、嬉しそうに報告していました。

それを見た、旦那が子供の成長に喜んだのか、姉妹を抱きしめてウルウル。

姉妹は、ちょっとイヤそうにしてましたが、とりあえず、パパが嬉しそうとわかったみたいです。

子供は、日々成長しているんだと母親としてもうれしい事です。

心配なことは、こんなに姉妹を愛しているパパは、子供の成長を受け入れられるのでしょうか?

こちらも教育が必要と痛感しました。

img_3666.jpg

うちに娘2人がいるけど、2人とも男の子みたにに体を動かすことが好きです。

 

旦那は娘たちのために、リビングルームにクライミングウォールが作りました。

 

登るために、手で握るホールドを買うために、ネットで専門のお店を探して、家族皆で遠出し、そのホールドを売ってるお店に行って、うちの壁に貼り付けるものを一個一個を選びました。海外製なので、値段はとっても高いですが、歯を食いしばって、買ってしまいました。

 

また、壁に土台を貼り付けるために、角材をくみ上げて、壁のうらにある間柱と繋がなければいけないので、しかっり固定することが一番大切だそうです。

 

私は全然分かりませんから、作業は全て旦那に任せていました。一段一段、上に重ねて、作っていたので、天井まで、クライミングできるようになって、本当に感動しました。旦那は一か月かかって、作ってきた成果は本当に立派でした。

 

子供たちは大喜びして、近所のお友達もうちに招き、今、うちと言えば、近所でちょっとした有名な「観光スポット」になってしまいました(笑)。

 

子供たちは今でも時間があれば、クライミングウォールに張り付けて、天井の上で、ipadを弄ったりしています。女の子なのに、サルしか見えません(笑)。

 

私「上で何を見てるの?」と下でいると何となく寂しい気持ちになります。

次女「フジテレビの番組がだーい好きだから、これよ、http://www.dgtvi.com/ってサイトは昔のテレビのことがいっぱい書いてて、面白いんだ。ママの若いごろのフジテレビの番組も見たいー」

 

と言っても、私は下にいるから、見られませんけどね。そういう時、ちょっと我が家のクライミングウォールを憎みますね。

最近2回ほど大雪が降りました。子供達にとって、雪は田舎のおばあちゃんの家に行った時やスキー場に行った時など特別なものなので、雪が降るかも、という時からワクワクと楽しみにしていました。

なので、朝起きた時に外が一面雪景色になっていた時は、子供達は大はしゃぎでした。早く外で遊びたかったのですが、雪はやむどころかどんどんはげしくなって、吹雪のようになっていきました。

家の前の道路に出てみましたが、風邪と雪が吹き荒れていて、とても町中の様子ではありませんでした。

その日はしかたなく家でおとなしくしていました。翌日やっと雪は降り止んだので、厳重装備で外に出てみました。建物の壁際は雪の吹きだまりになっていて、他の場所よりも50cmくらい高くつもっていました。

子供達は雪で思い切り遊び、大人は本気の雪かきをがんばりました。雪は風邪が強かったせいか水分が少なくサラサラで、雪だるまを作るのも一苦労でした。

そして次の週末、またしても大雪になってしまいました。今度は前回と違って、大きな粒の雪が1日降り続きました。朝起きると、前回と同じくらい積もっていました。また朝から家族総出で雪遊び&雪かきをがんばりました。

今度の雪は水分が多く、重くて雪かきも大変でした。ちなみに雪かき用のスコップなど持っている訳がないので、普通のスコップでやってみましたが、さきが尖っていると効率が悪くうまく出来ませんでした。そこでちりとりを持って来て雪かきをしました。

夜は腰が痛くて湿布を貼ってしまいました。雪国の皆さんの大変だが身にしみました。


1991270480.jpg
ogtzuq