milk.jpg

「牛乳を飲むと骨が丈夫になる」と言われてますが、最近ではそんな定説とは真逆の意見が多く出てきています

 

スウェーデンのウプサラ大学で教授を務めるKarl Michaëlsson氏を含む研究チームは「牛乳をたくさん飲む人ほど寿命が短く、女性に至っては骨折率まで上昇する」という驚きの研究結果を明らかにして話題になっています

 

Karl教授率いるウプサラ大学の研究チームでは10万人を超えるスウェーデン人を対象に牛乳の摂取量と死亡率や骨折頻度の関係性を調査しています

 

研究では、1987年~1990年の時点で39歳から74歳までのスウェーデン人女性6万1433人と、1997年時点で45歳から79歳までのスウェーデン人男性4万5339人を対象に、「どのような食べ物をどれくらいの頻度で食べているか?」というアンケートを基に、長い期間追跡調査を続けたそうです

 

具体的には、女性の被験者は約20年間、男性の被験者は約11年間も追跡調査を行われたそうで、

調査期間の間に女性は1万5541人死亡し、1万7252人が骨折、4259人が股関節を骨折しました

男性の被験者は、約11年の調査期間中に1万112人が死亡、5066人が骨折、1166人が股関節を骨折したそうです

 

これらの調査結果から、牛乳の消費量と死亡率や骨折頻度の間には因果関係がある事が明らかになっていて、女性の場合、1日に3杯以上牛乳を飲む人は、1日1杯以下しか牛乳を飲まない人と比べてなんと1.93倍の死亡率であった事も明らかとなっていて、股関節を骨折する確率は60%高く、骨折全般で見ても15%も割合が高くなる事が判明しました

 

調査結果で牛乳を多く摂取する女性被験者の「死亡率」が高くなった点については、牛乳に多く含まれる「D-ガラクトース」が影響しているのではないかと言われていて、D-ガラクトースは動物実験にて老化を促進させて寿命を縮めると言われています

 

昔は牛乳は健康の代名詞だったのに、給食でも牛乳を減らす動きがあるみたいです

ogtzuq